華麗 【500円クーポン10/11am1:59迄】MC75(ペア) McIntosh 真空管式モノラルパワーアンプ【2台1組】 マッキントッシュ-パワーアンプ



【返品種別A】
□「返品種別」について詳しく□
2014年07月 発売


メーカー保証期間 3年


「担当者のコメント」

★McIntoshならではの血の通ったホットな魅力的なサウンドです。しかし、最近流通しているヴィンテージ物で感じるあのゆる~い・のんびりとした、アンティークなサウンドとは一線を画した、肉付の良いぶ厚いサウンドながらも、真空管式ゆえのスピード感を伴っており、前にせり出してくるような濃密で力強いサウンドは、いかにもMcIntoshサウンドそのものです。
前述のアンティークなサウンドこそ、経年による特性が劣した結果のサウンドであり、オリジナル機はおそらくこういうサウンドではなかったかと想像させられます。
ただ、最新鋭の機器にはない音楽を思いっきり楽しませてくれるそのサウンドは、大変魅力的です。音楽をオーディオ的に細部にこだわって聴くことを、そのサウンドによって全否定されるような説得力のあるものです。神経質ではない、包容力のある滑らかなサウンドは、長時間のリスニングでも疲れを感じさせないと思います。
また、レコードもMM/MCを問わず存分に楽しめることから、「いずれはマッキン! 」とお考えのオーディオ経験の長~いファンにこそ、ぜひお使いいただきたい歴史的銘機の復刻版アンプです。
さらに詳しくは、ハイエンドオーディオスタッフブログまで! 


◆マッキントッシュのアイデンティティーである、シャーシの一辺を斜めにカットしたデザインを初めて採用したモデルが1961 年に登場したMC75 モノラル・パワーアンプです。 2009 年 マッキントッシュ60 周年モデルとしてゴールシャーシのMC75 限定モデルを発売いたしました。 2014 年 スペックなどはMC75 限定モデルと同一で、オリジナルのイメージを踏襲したステンレス鏡面仕上げシャーシを再現してレギュラーモデルとして発売しました。 発売当時の設計思想を大切にしながら最新の技術と高音質パーツを投入、現代の高解像度音源に柔軟に対応し比類なきパフォーマンスを発揮します。

◆マッキントッシュ伝統の特許技術ユニティ・カップル回路は、低歪み、広帯域そして安定した動作を実現
◆カソード(陰極)およびプレート(陽極)それぞれに巻線をもつバイファイラー巻き出力トランスを採用しフラットな周波数レスポンスと、広帯域パワーを両立
◆余裕も持った真空管レイアウトと基盤レイアウトにより高信頼性を実現
◆出力段には KT88 真空管を採用。75W(2/4/8Ω)の高出力を実現
◆不慮のトラブルによって真空管そのものが受けるダメージから保護するためのセントリー・モニター保護回路を搭載
◆高級感溢れる金メッキの入力端子およびスピーカー端子を装備
◆オリジナルの雰囲気を持つ鏡面仕上げのステンレス・スティール・シャーシは、簡単な手入れで新品同様の輝きを保持
◆電圧変動が少なく、安定した電源を供給する、大型コアの電源トランスを装備


■ 仕 様 ■
  • 定格出力: 75W(2/4/8 Ω)
  •  
  • 全高調波歪率: 0.5%
  • S/N 比: 110dB
  • 回路構成: ユニティ・カップル回路
  • 使用真空管: 12AX7x1 12AT7x2 KT88x2
  • 入力端子: バランス1 系統、アンバランス1 系統
  • 定格出力帯域: 20Hz ~ 20kHz
  • 周波数レスポンス: 20Hz ~ 20kHz(+0、-0.5dB)/ 10Hz ~ 100kHz(+0、-3dB)
  • シャーシ: ステンレス鏡面仕上げ
  • スピーカー端子: 金メッキタイプ1 系統(2 Ω、4 Ω、8 Ω)
  • 出力トランス: バイファイラー巻き
  • その他: パワーコントロール機能搭載
  • 定格消費電力: 2.2A(100V、50/60Hz)
  • 最大外形寸法: (W)419×(H)216×(D)215mm (突起部含む)
  • 質量: 17.2kg(1台)

マッキントッシュ




(※この説明文は市場店の記載内容です。URLはhttps://item.rakuten.co.jp/jism/で始まります。URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください。)
【価格はお問合せください】Harbeth HLCompact 7ES-3ハーベス ブックシェルフスピーカー(1本)

華麗 【500円クーポン10/11am1:59迄】MC75(ペア) McIntosh 真空管式モノラルパワーアンプ【2台1組】 マッキントッシュ-パワーアンプ

トピックス


子育て・教育情報


ベネッセの取り組み